小鼻 クレンジング

小鼻の黒ずみの原因

小鼻の黒ずみの原因は、皮膚の酸化によるものです。皮膚が酸化して状態が悪くなると、肌を強くしようとしてメラニン生成がおこなわれます。

そしてそのメラニンが酸化した場所に集まってきます。また、毛穴に汚れがたまって固まり、角柱となることで、毛穴が広がり、凹凸が目立つようになり、影が黒く見えることも一因となります。

小鼻の黒ずみを防ぐには、鼻をあまりいじらないようにすることです。優しく触っているつもりでも、摩擦が繰り返されることによって、肌は傷みやすくなります。

傷んだ状態が続くと、メラニンがそこに集まりやすくなります。メラニンは肌を守るためのものです。紫外線にさらされたり、傷んだりすると、メラニン色素が生成され、肌は黒ずむわけです。

小鼻の角柱の正体は?

意外と目立つ小鼻のぶつぶつは、黒ずみと呼ばれています。メイクをしても隠すのが難しく、悩んでいる女性は多いです。

黒ずみは、毛穴に角柱が詰まることで起こります。角柱とは、本来であればお肌を守るための皮脂が過剰に分泌されてしまったり、古い角質、落としきれなかったメイク汚れなどが正体です。

決してお肌にとっていいものではなく、酸化することでお肌への負担を強めてしまいます。

ぶつぶつを改善するためには、適切なスキンケアはもちろんですが、生活習慣の見直しが必要になります。

洗顔の方法や毎日の食事など、生活習慣の積み重ねがお肌に出ていると言っても過言ではありません。効果が出るまでに時間はかかりますが、小鼻をきれいにするためには欠かせません。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

メイク落としのときに小鼻のあたりの黒ずみに気が付いて、ゴシゴシこすってしまったことはありませんか。

こすると肌に傷がつき、黒ずみはかえって悪化してしまうので、絶対にやめましょう。黒ずみの原因になる角栓は、できてしまったら何らかの方法で取り除かない限り消えてなくなることはありません。

毛穴の形状が変わるまで放置しておくと周囲に悪影響を及ぼすことになるので、指の腹で押し出すと角柱が簡単に出てくるような柔らかいうちならそうやって取り除くのもありです。

ただし、爪を立てたりして肌を傷つけるのはもちろんNGです。角栓処理用の毛穴パックは強力で、確かに角栓はごっそり取れますが、周囲の肌のバリア機能も大きく傷つけてしまいます。

それよりも、ピーリング効果のある化粧品や化粧水など周囲への影響がマイルドなもののほうがベターです。処理後はオイルや油分を含んだ美容液等できちんと保湿して肌のバリア機能を保ちましょう。

小鼻の黒ずみを取る方法

小鼻の毛穴が黒ずんで気になる方は、正しいスキンケアを行うことで肌のターンオーバーを正常化し、悩みを解消できる可能性があります。

小鼻の毛穴が気になってケアしすぎたり触ってばかりいると、ターンオーバーが乱れ肌が角質化してカチカチの状態になってしまいます。

予防する方法としては、保湿をして肌を柔らかく保つためのスキンケアが重要です。

又、必要以上に鼻を触らないといったことも小鼻の黒ずみ対策には必要な事です。

小鼻の黒ずみが気になっても、過剰にケアしすぎず、保湿中心のケアを続けていると、自然と小鼻の黒ずみも気にならなくなります。皮脂を除去しようとこすり洗いしたり、毛抜きで角栓を引き抜くのは、肌を傷めるので避けるようにしましょう。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

綿棒とオリーブオイルで黒ずみを除去するには、事前に顔をノーメイクの状態にしておき、可能ならスチーマーや蒸しタオルなどで毛穴を開いておきます。オイルはできるだけ不純物の少ないものを選んでおきます。

方法としては、綿棒にたっぷりとオリーブオイルを染み込ませ、気になる黒ずみをこするようにします。オイルが摩擦から肌を保護してくれるので肌が傷つく心配はありません。

とはいえ、あまり強くこすり過ぎると負担がかかりますから、ゆっくりと優しく馴染ませるようにします。滑りが悪いと感じる時は肌に直接オイルを塗っても構いません。なかなか取れにくい角質は周囲を押したり2本使って挟んで押し出します。

黒ずみを取り終わった後は肌にオイルが残らないように洗います。この時たっぷりの泡を使って洗い、落ちにくい場合はこすらず回数を重ねて落とすようにします。仕上げに冷水でしっかりと洗い流して収れん化粧水を使ってから保湿ケアします。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の黒ずみを治すためには、ニベアやオロナインパックが有効だとインターネット上でも話題になっています。

ニベアは保湿力が非常に高く、適度な油分がありますので、鼻の黒ずみの部分にたっぷりと塗ってからラップで覆い、数分ほど置いて洗顔すると、毛穴に詰まっていた汚れがつるっと落とせるようになります。

オロナインパックにも同様の効果が得られるのですが、オロナインには傷を治す効果の高い成分が配合されているので、保湿力に関しては若干低いのですが、それでも毛穴の汚れはしっかり落とすことができますし、炎症を抑えるような効果も得られるので、黒ずみが悪化している状態の方には特におすすめの方法です。黒ずみに悩む方はぜひ試してみてください。

いちご鼻ってなに?

いちご鼻とは、毛穴に皮脂が詰まってしまいまるでフルーツのイチゴのように見えることをいいます。

毛穴が角柱や酸化したメイクの油分で広がってしまうので、ぶつぶつが目立つようになります。いちご鼻を治すには、毛穴に詰まった古い角質を上手に取り除いてあげることが必要です。

ドラッグストアで販売されている角柱パックや毛穴パックを利用したり、エステサロンで施術を受けるのが一般的です。

毛穴に詰まった古い角質等を取り除くと、しだいに毛穴の凸凹が目立たなくり、キメの細かい肌にもどっていきます。

ただし、その後メイク落としが不十分だったり、脂っこい食事中心の生活を続けているとまた元の状態に戻ってしまう可能性があります。継続的な肌のケアが必要です。

いちご鼻の治し方

いちご鼻とは、皮脂の分泌が多い鼻の頭の毛穴が広がって、黒ずみができぶつぶつといちごのように目立つようになった状態で、毛穴の詰まりが原因となります。

なぜ角栓が詰まってしまうのかというと、皮脂の過剰分泌や肌の汚れ、乾燥の3つが主な原因となります。

皮脂は、皮脂腺と呼ばれる器官から分泌され、頭皮や顔に多く分布しています。特に、額から鼻にかけてのTゾーンは皮脂が多く、寝不足や食生活によっても、皮脂は増えてしまい、いちご鼻を作る原因となってしまいます。

そのため、インナードライにならないように正しいスキンケアによってターンオーバーを正常化して、古い角質を除去し、肌を改善させることが大切です。

また、紫外線によっても乾燥しますから、メラニン対策や角柱ケアをきちんと行い、保湿することも大切です。

いちご鼻がなかなか治らない原因

鼻に毛穴の黒ずみによるぶつぶつができて目立ってしまっている状態を、イチゴの種に見立てて「いちご鼻」と呼びます。

これは毛穴に古い角質や皮脂が詰まり、それらが酸化してできる角柱によるもので、一度いちご鼻になってしまうと、スキンケアに気を配ってもなかなか治らないことも珍しくありません。

ではいちご鼻がなかなか治らない原因は何かと言うと、適切なスキンケアをしていないことが大きな理由として挙げられます。

毛穴に詰まった酸化した皮脂を取り除くには、ゴシゴシ擦るのではなく、蒸しタオルで温めるなどして毛穴を開いてから優しく洗わないと、お肌を傷めて悪化させてしまう可能性があるのです。

またいちご鼻はターンオーバーが乱れることも原因となりますが、それを正常化するためには、28日周期というターンオーバーの周期の間ケアを続けることが必要なので、時間がかかるのは仕方のないこととも言えます。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

男女問わず悩んでいる人が多い毛穴の黒ずみですが、男性は女性よりも皮脂詰まりが発生しやすいという一面があります。

男性ホルモンの影響で、皮脂分泌が過剰になってしまいがちなのがその大きな原因ですが、対策の為には日々の洗顔で不要な皮脂や汚れを落とすことが大切です。

しかし、過剰に洗顔を行ってしまうと肌が乾燥し、更に皮脂分泌が過剰になってしまう可能性があります。その為、洗浄力が適度な洗顔料を良く泡立て、肌に刺激を与えないように優しく洗うようにしましょう。

また、皮脂詰まりだけでなく、毛穴付近にメラニンが蓄積してしまうことも、毛穴の黒ずみの原因です。タオルの摩擦などの肌への刺激に気を付けると共に、紫外線ケアも意識するようにしましょう。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻の黒ずみを改善することができなくて困っているという場合は、クレンジングを見直してみるといいかもしれません。

正しいクレンジングを行うことで、きちんと角柱ケアできるようになりますし、黒ずみを予防する効果も得られるようになります。

メイク落とし成分が配合されているクレンジング剤を毎日使っているという方は、できるだけメイク落とし用の洗顔料に買い替えたほうがいいです。

洗顔料ならきめ細かい泡を作り出すことが可能ですし、その泡が毛穴の奥まで入り込み、固まった角柱をスルッと洗い落とすことができるようになります。

クレンジング剤よりも肌へのダメージが少ないという点もメリットです。とはいえ、肌に合う洗顔料を使うことも大事なので、成分は必ずチェックするようにしてください。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみを改善するためには正しいクレンジングを行うことが大切です。

まず洗顔前には毛穴を広げることから始めていきます。ホットタオルやスチームを使うのが効果的です。

次に手を洗うことで手についた雑菌を落として、顔に雑菌をつけないようにしていきます。手を洗い終わったら、アイメイクや口紅を先に落とします。アイメイクや口紅は落ちにくいため専用のものを使い、しっかり落とし、次に水気を拭き取った手のひらにクレンジング剤を手に取ります。

適量をとったら、皮脂分泌の多いティーゾーン、から洗っていき、少量の水を加えて乳化させて顔全体に馴染ませます。

最後に人肌程度のお湯で洗い流します。洗顔時間は2分以内にすることが大切です。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

鼻の黒ずみに悩む女性は多くいますが、皮脂を抑えるなどの対策ばかり行っています。

実は、クレンジングや洗顔後にも対策できるポイントがあります。洗顔したらすぐに化粧水をつけて水分を補給します。

このとき、パッティングしないで、肌に押し付けるようにするのがコツです。鼻は指先を使って10秒ほど押し付けるようにすると、肌が指先に吸い付いてくる感覚が得られるでしょう。

毛穴を引き締めるためといって、冷水パッティングはしないようにしましょう。冷水を使うと、一時的に毛穴が締まるだけで、根本の対策にはなりません。

毛穴を柔らかくした方が黒ずみには効果的なので、化粧水を冷蔵庫に保存している場合は、やめるようにしましょう。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

鼻の黒ずみを予防する食生活としては、まず脂っこい食べ物を控えて、野菜中心の食生活を組み立てるのが基本です。

もちろん肉を絶対に食べてはいけないというわけではありませんが、外食で出てくるような肉が中心の脂っこい食事というのは基本的に鼻の黒ずみには悪影響を与えます。

特に現状で黒ずみが酷いという場合には肌を回復させるだけのビタミンが無い可能性が高いため、ビタミン補給のためにも野菜を積極的に食べましょう。

また一口ごとに30回噛むという習慣も大切です。このよく噛むということは身体にゆっくりと食べ物を入れて活性酸素を増やしづらくする効果があり、先ほどのビタミンのように抗酸化作用を持つ食べ物をこのように食べるのは非常に効果的です。

その他、身体の水分を大量に使用するアルコールを控えることも重要ですから、こういった点に注意して毎日の食生活を見直してみましょう。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

肌の毛穴詰まりに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。肌の毛穴詰まりは、食生活の乱れによる栄養不足、運動不足、寝不足、飲酒、タバコ、ストレス、不規則な生活リズム、スキンケア不足などが主な原因となります。

これらの原因により肌環境が悪化することで肌が乾燥したり皮脂が過剰に分泌されたりして毛穴詰まりに結び付いてしまいます。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣としては、栄養バランスのとれた質の良い食事、良質な睡眠、適度な運動、飲酒やタバコを控える、ストレスフリーでいること、規則正しい生活リズムなどです。

これらを意識して健康的で規則正しい生活を送ることが毛穴詰まりの改善や予防の近道となります。それにプラスして化粧品で保湿ケアを徹底して肌にたっぷりとうるおいを与えるということも大切です。